従業員満足度の向上方法

パソコン操作

発展のカギは従業員満足度

少子高齢化が進み、人口の減少は労働人口の低下にも影響してきています。労働者が減ることは、将来の企業経営に少なからず影響を及ぼすことは確実です。各企業は、将来順調に経営発展するためにも従業員の確保が課題となっています。その課題を解決するのが社員満足です。社員満足がなぜ、将来の企業の発展の為の課題なのでしょうか。その理由は3つあげられます。ひとつ、仕事に対するモチベーションが上がるため、仕事の質が向上します。つぎに仕事上のミスやトラブルを減少させることができます。そして何より会社に満足してもらうことで離職が減り、人的資産の流出を防げるのです。ではこの3つの課題を解決するには、会社側はどういう取り組みが求められるのでしょうか。代表的な方法はES調査というアンケートです。ES調査は従業員満足度調査といい、この調査結果を元に社内制度改革をすすめるのです。調査の内容としては、会社の方針や理念、職場環境、上司などへの満足度を調べます。具体的には専門の調査機関に依頼し、アンケートを実施します。その結果を分析、フィードバックを参考に対策をとるのです。ひとつ注意すべき点としては、形式的なアンケートでは何も判らず社員満足に繋がるデータは得られません。調査機関に依頼する際には、豊富な実績のある調査機関にお願いするのが効果的です。そのほか、アンケートと共に経営側がより一人ひとりの従業員の趣味趣向を理解することが有益です。モチベーションアップにつながる事柄を拾い上げ、社内で共有する取り組みが好結果をもたらした事例もあるのです。一番重要なことは、会社側が従業員に愛される会社作りをすること、それが社員満足度につながるのです。