伝えておくべきこと

講師

必要な情報を伝える

就職活動時に採用を出した新入社員に対して、入社と同時に新入社員研修を受けさせようと考える会社も数多くあるかと思われます。そしてその際には新入社員の方たちに会社の方針を知ってもらったりビジネスマナーを覚えさせていかれると思われますが、特に伝えておくべきこととしては、配属される部署の仕事内容を伝えておくことと、待遇、給与などに関する情報です。新入社員の多くはインターネットや学校等に掲載されている求人情報を見てやってきますので、文章として書かれた情報を主に知りたいはずです。そのため初任給や今後の昇給のタイミングや金額を伝えておかれるといいでしょう。これはイメージの相違を防ぐためにも必要なことですので意識しておきましょう。また新入社員研修の際には会社に置いてある部署を見て回ることによってどのような仕事が行われているのかを知ってもらうことができます。このあたりを曖昧なままにしておくと、配属されてからの動きのスムーズさに違いが出てきますので意識しておきましょう。先輩社員の話を聞かせたりすることも有効ですので、新入社員研修時に試していかれるといいのではないでしょうか。ビジネスマナー等に関しても教科書通りに教えるのではなく、会社や業種にあったマナーを教えていくことが大切ですので、資料をまとめて渡していかれるといいでしょう。短い期間の研修からありますので、新入社員研修で伝えたい情報を考えて選択していかれるといいでしょう。